ハーブカラーは1:1:1がいいんです!

L&Mのメニューは基本的にひと工夫加えた施術を心がけています。

ハーブカラーという名前だけ見ると、ただなんとなく自然な感じで髪に良さそうと見えがちですが、ただハーブを少し配合するだけではありません。

重要なのは、その配合量です。

まず、カラーには1剤と2剤があり、それを基本的には1:1にします。

そこにL&Mではハーブ入りのトリートメントを1:1:1、つまり【全体に対してトリートメントが約33%配合】しています。

普通のカラーは1剤と2剤の2種類だけの混合ですが、L&Mは1剤と2剤とトリートメントの3種類を同量に混合した三種混合カラーです。

通常はこういったトリートメントを1剤に対して10%、多くても20%入れるのですが、1剤に対してなので【全体では5%~10%しか配合】していません。

当たり前ですが、普通にトリートメントを33%配合したら色が薄くなってしまいます。

その薄くならずにカラーの質感を良くするのがひと工夫です。

また、色味がトリートメントのおかげでキレイに発色するので、ツヤのあるカラーがL&Mのカラーで、ただハーブと名前の付いているだけではなく、ひと工夫によって特徴のある三種混合カラーになっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です