【必読!?】お持ち帰りトリートメント

L&Mでカラーやパーマ、縮毛矯正をしたお客様にはお持ち帰りのトリートメントとして、アルカリオフというもの差し上げています(^^)/

シャンプーした後のぬれた状態で髪全体につけてから3~5分くらい時間を置いてから流して、いつもお使いのトリートメントを行う。

といった、通常のシャンプーとトリートメントの間に使用するちょっと変わったトリートメントです。

しかも、このトリートメントをするだけでは、つるつるする等の質感の変化はありません(笑)

むしろ、少しキシミが気になる人もいるかもしれません(汗)

では、何のためかというと、このトリートメントは酸性のトリートメントなのです!

…いやいや、普通トリートメントは酸性でしょ?っと思った人もいると思いますが、酸性は酸性でも、バッファー効果のある酸性トリートメントなんですよ。これは!

バッファー効果って何!?っと思うくらいはじめて聞いた言葉だと思います(^^;)

バッファー効果のある酸性とは、簡単にいうと持続性のある酸性ということです。

まず、髪の元々の状態は弱酸性とCMなどで聞いた事あるかもしれませんが、パーマなどをするとアルカリ性に移行します。

そのアルカリ性になった状態をまた弱酸性にする為に、酸性のトリートメントをするのですが、ただの酸性のトリートメントですと、時間が経つと共にまたアルカリ性に戻ってしまいます(泣)

バッファー効果は、時間がたってもアルカリ性に戻りにくくするための効果で、弱酸性を保とうするのです。

L&Mでは、炭酸泉を使用したり、前回のオリジナルサロントリートメントの工程内でも酸バッファーの工程があるように、サロン内でも弱酸性にする為に工夫をしていますが、アルカリを完全に除去するのはなかなか難しいのです。

なので、ダメ押しでおうちに帰ったときに酸性のアルカリオフで、アルカリを早く除去してもらう事にしました。

せっかくもらった物だからと、チビチビ使っていたら全く意味がありません。

一刻も早くつかいきって、早くアルカリを除去してくださいね (^_^)

9fa0887a98722629a96a223ee8498da0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です